20:35 2020年07月11日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

ブリティッシュ・エアウェイズのBoeing 747-436機がニューヨーク=ロンドン間の飛行時間を4時間56分まで縮めた。飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイム表示するウェブサイト「フライトレーダー24」で明らかになった。

サイトの情報によれば、ブリティッシュ・エアウェイズが就航するBA112便は時速1327キロに達した。ニューヨーク=ロンドン間の飛行時間は平均して6時間13分。

​同機は日本時間で2月8日の8時47分にニューヨークを出発し、7時43分にロンドンに到着した。

デイリー・メール紙によれば、記録更新をもたらしたのは非常に強い勢力のハリケーン(国際名はキアラ)。ハリケーンは秒速80メートルの勢力に達しており、これにより同機は追い風となり、飛行速度が大幅に上昇した模様。

関連ニュース

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント