14:00 2020年07月04日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

ドイツ政府は2020年サッカー欧州選手権に関わり、法律を一時的に変更することに同意した。これにより静寂に関する法律の改変が行なわれる。

ドイツ政府のプレスリリースによれば、大会時に議会を夜の試合観戦用に特別にファンゾーンとして設営し、そこでの観戦がファンたちに許可されることとなる。

ベルリンでは多くのファンたちがほぼ1ヶ月間、都市の主要な交通幹線の1つである6月17日通りを占拠する。ここには一回に最大7万人のファンが集うことになる。

ドイツの静寂に関する現行法では、22時以降に通りに集まり騒がしくすることや大音量で音楽を聴くこと、工事を行なうことなどを禁止している。ファンたちが制限なく夜の中継を野外観戦するため、1ヶ月間法律を緩和する用意を進めている。この措置は6月中旬から開始される。

法律の変更は春に予定され、ドイツの地方行政区分の代表議会である連邦参議院で最終的に承認されることとなる。同様の方法はすでに2014年と2018年のワールドカップの際に実施されている。

関連記事

タグ
サッカー, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント