04:58 2020年07月03日
社会
短縮 URL
0 15
でフォローする

UNウィメンと国連開発計画(UNDP)は5日、国際婦人デーを前に各分野で女性の置かれた現状をまとめた報告書を発表した。報告書によれば、女性の賃金は世界的に見て男性より16%低く、管理職は4人に1人しかいないことが分かった。朝日新聞が報じた。

「UNウィメン」は、男女の平等性について報告を行った。国ごとの議会で女性議員が占める割合は1995年の11%からは改善したものの、なお25%と低い。閣僚の半数以上を女性が占める国は世界でわずか14カ国だった。

また、女性の賃金は世界的に見て男性より16%低く、管理職は4人に1人しかいないという。ニューヨークで会見したムランボヌクカ事務局長は「この状況を変え、前に進め、女性がもっと大きな機会をつかめるようにできるはずだ」と話した。

UNDPは世界で75の国と地域を対象に、初の「ジェンダー社会通念指標」を公表した。2010~14年に学者によって国際的に実施された「世界価値観調査」をもとに、「女性も男性と同等の権利を有している」「大学は女性よりも男性にとって大事だ」など、7つの質問を分析し、女性への偏見について調査した。調査にはおよそ9万人が答えた。

その結果、全体の88%(男性91%、女性86%)がいずれかの分野で女性への「偏見」を持っていることが分かった。

日本で回答した約2400人は、少なくとも1つ以上の質問で偏見がみられた割合は69%で、75の国と地域の中で17番目に低かった。

関連ニュース

タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント