13:59 2020年04月07日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏が同社理事会の取締役を退任したことが明らかになった。マイクロソフト社のプレスリリースで明らかになった。

マイクロソフト社によれば、ビル・ゲイツ氏は13日付けで理事会の取締役を辞任した。ビル・ゲイツ氏は今後、福祉や発展途上国の支援、教育、地球温暖化対策といった社会貢献事業により時間を割くという。

なお、ビル・ゲイツ氏はマイクロソフト社で技術担当のアドバイザーも兼任しており、このアドバイザー職については留任する。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント