10:07 2020年10月20日
社会

保育士感染、横浜市が「口止め」保育継続を指示

社会
短縮 URL
0 05
でフォローする

横浜市内の私立保育所の保育士が今月8日、新型コロナウイルス感染が確認された際、市は保護者には知らせないよう求めたうえで、保育を継続するよう指示していたことが明らかになった。NHKニュースが伝えている。

横浜市によると、同市神奈川区の私立認可保育所の女性保育士(20代)は、先月30日に発熱などの症状が出て、今月8日に新型コロナウイルスに感染していることが分かった。

保育所は市の担当部署に保育士の感染を直ちに報告、翌日から保育所を閉所したいと申し出たところ、市は「保育士は、感染が確認される4日前から出勤しておらず、確認の前後でリスクが高まるわけではない」として感染者が出たことを保護者に知らせないよう求めたという。

そのうえで保育士の行動の調査などが終わるまで、通常通り保育を継続するように指示したという。

保育所は独自の判断で保護者らに対し、感染者が出たことをメールで連絡。市の指示で翌日は通常通り開いたものの、子どもは誰も来なかった。結局、市の判断で次の日から保育所は閉所となった。

横浜市の私立保育園の園長らでつくる「横浜市立保育園延長会」は、市の対応は口止めとも受け止められるとして、13日、林・横浜市長宛に要望書を提出。横浜市の対応を厳しく非難し、今後、こうしたことがないよう求めた。


 

関連ニュース

 

 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント