16:18 2020年06月07日
社会
短縮 URL
0 13
でフォローする

1カ月前に死亡したと思われていた女性(74)が、エクアドル・グアヤキル市の病院で意識を取り戻した。現地新聞「Comercio」が伝えた。

アルバ・マルリ・グランダさんは3月27日にグアヤキル市内の病院で死亡したことになっていた。ところが23日(木)に意識を取り戻し、妹に連絡し、帰宅を求めた。

グランダさんは死亡が確認される前、体温が42℃まで上がり呼吸困難となった。意識がなくなっていたところに、医師が名前を間違え、グランダさんの家族には死亡の連絡が伝えられた。

死後8日後に親族はグランダさんのものと思われる遺体を火葬した。現在、親族は葬儀と火葬にかかった2000ドルを補償するよう病院に求めている。

グアヤキル市ではこれ以前にも、コロナウイルスだけでなく他の疾患の場合でも遺体の運び出しが問題になっていることが報道されていた。

現在、エクアドルのコロナウイルス感染者数は2万2179人。死者は576人。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
エクアドル, 病気, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント