22:44 2020年06月05日
社会
短縮 URL
0 05
でフォローする

南アフリカの内陸国ボツワナでは短期間の間で立て続けに12頭のゾウが死んでいるのが確認された。いずれもゾウに外傷はなく、死因は明らかになっていない。ボツワナ政府の環境・自然資源保護・ツーリズム省が発表したプレスリリースで明らかになった。

環境・自然資源保護・ツーリズム省は直近の1週間で立て続けに12頭のゾウが死んでいることを確認した。現在、当局はゾウの死因を調査している。また、そのほかにも死んだゾウがいないか、確認作業を進めている。

これらのゾウに外傷はないことから、担当の獣医らは密猟の可能性を否定している。

関連ニュース

タグ
アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント