15:11 2020年09月20日
社会
短縮 URL
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (88)
0 91
でフォローする

アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが米ミネソタ州で警察による暴行の末に死亡した事件を受けて全米で暴力行為を伴う抗議活動が行われる中、元バスケットボール選手のマイケル・ジョーダンさんは平和に抗議活動を行うようファンに呼びかけている。

米プロバスケットボールクラブ「シャーロット・ホーネッツ」はクラブを所有するマイケル・ジョーダンさんの発言を公式サイトで紹介した。

​発表によれば、ジョーダンさん自らも暴行死の事件を受けて「深く悲しみ、苦しみ、憎悪に駆られた」という。ジョーダンさんも抗議活動の参加者らと同じ「痛み、怒り、失望」を抱き、「肌が黒い人たちに対する根強い人種差別と暴力の撲滅」を支持しているものの、不平等に対しては「平和に抗議しよう」とファンに呼びかけた。

私たちが力を合わせることで、首脳部は法律を変えるだろう。あるいは、私たちの声が制度変革をもたらすだろう。

このようにジョーダンさんは記し、抗議活動における暴力に否定的態度を示した。

ジョージ・フロイドさんの死は米国内の抗議のうねりを生んだ。波紋は事件があったミネアポリスからニューヨーク、ロスアンゼルス、フィラデルフィアにも広がっている。米国内25都市で夜間外出禁止令が発動された。

抗議活動は大規模な暴動となり、略奪や放火、警察との衝突にまで発展している。抗議者の一掃には州兵が動員された。

関連ニュース

トピック
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (88)
タグ
事件, 抗議, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント