11:48 2020年07月14日
社会
短縮 URL
0 03
でフォローする

エクアドル先住民族連合(CONAIE)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、その領域に緊急事態宣言を発令した。CONAIEのマーロン・ヴァルガス会長が記者会見で発表した。

ヴァルガス氏は「ジャングルでは、エクアドルのアマゾン地域全体に、コミュニティの状況が正常化するまで保健上の緊急事態を宣言する」と発表した

CONAIEによると、5月31日の時点で先住民族の間では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が215人確認され、さらに354人に感染の疑いがもたれており、死者は13人、2人が重症となっている。

ヴァルガス氏は新型コロナウイルスについて、バルサなどの木材を購入する企業によって多くのコミュニティに持ち込まれたとし、これらの企業は外出禁止令を順守していなかったと指摘した。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント