00:21 2020年10月21日
社会
短縮 URL
0 50
でフォローする

中国で1万3000年以上前の小さな鳥の像が、考古学者らによって発見された。この彫刻は東アジアで出土された彫刻の中で最古のもの。この発見に関する論文は科学誌「プロス・ワン」に掲載されている。

この彫刻は2005年、中国河南省霊井の集落で発見された。山東大学の考古学者らは当時、12万年前から青銅器時代までの11の異なる年代の地層を調査。しかし、これらの地層のうちの一つは、1958年に行われた井戸の掘削作業で壊され、近くの山に捨てられていた。

そこで研究者らがこの壊された地層の土をふるいにかけたところ、その中から手付かずの地層に存在するものと同様の黒い火打ち石のかけら、焼き物の破片、焦げた動物の骨、そしてこの焼かれた骨から彫られた台座付きの鳥の像など数点の遺物が発見された。また、見つかった骨の一つには鳥の彫刻に似た形の、彫刻されたような痕が見つかった。

研究者らが今回見つかった骨28個を放射性炭素年代測定で分析したところ、これらが1万3400〜1万3200年のものであることがわかった。

これまで東アジア最古の彫刻は、中国で約5000年前の新石器時代に軟玉で作られた鳥の像だと思われていた。また世界最古の彫刻はヨーロッパで発見された、4万~3万8000年前のマンモスの骨からできた動物や人物の彫刻。

論文で研究者らは、今回の発見からだけでも、東アジアの旧石器時代には、ヨーロッパやシベリアの民族の古代文化とは異なる独自の芸術が形成されたことが十分にわかると指摘している。

今回発見された彫刻を分析した研究者らは、計4種類の彫刻方法を同定。それによると、様々な彫刻ツールと手法が使い分けられていたと考えられている。

論文で著者らは、この台座付きの鳥の彫刻は、旧石器時代で唯一の立体的なオブジェクトだと指摘している。また、この彫刻は保存状態が良好だったため、この時代の彫刻としては初めて、製作の全過程を詳細に再現し、記録することが可能となった。

関連ニュース

タグ
中国, 歴史, 発見
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント