08:39 2020年09月26日
社会
短縮 URL
0 51
でフォローする

米動画配信サービスHBOマックスは、米国で人種差別に反対するデモが広がったのを受け、人種偏見を含んでいるとして停止していた映画『風と共に去りぬ』の配信を再開する。週刊誌ハリウッド・リポーターが伝えた。

なお、『風と共に去りぬ』の冒頭には動画が加えられ、シカゴ大学のジャクリーン・スチュワート教授(映画研究)が映画の歴史的背景を説明する。

スチュワート氏は動画の中で「戦前の南部の理想化と黒人登場人物のステレオタイプの描写のために同映画は繰り返し抗議を受けた」と語る。

『風と共に去りぬ』は、米国の南北戦争(1861~1865年)を描いた作品。主人公は争いの時代を生き抜き、自分の愛を見つけようとしているスカーレット・オハラで、ヴィヴィアン・リーが演じた。

関連ニュース

タグ
映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント