09:21 2020年09月26日
社会
短縮 URL
0 34
でフォローする

グーグル社は、コンテンツのライセンスプログラムを創作すると発表した。また、その範囲で同社は「良質」なニュースの発信に対し一連のメディアに支払いを行うこととなる。

同社の発表では、「今日、私たちは、良質なコンテンツへの支払いを行うため、今年、ライセンスプログラムを立ち上げることを発表する」と強調した。

同社の発表では、「今日、私たちは、良質なコンテンツへの支払いを行うため、今年、ライセンスプログラムを立ち上げることを発表する」と強調した。

グーグルの発表では支払額については明らかにされなかった。

ニュース専門放送局CNBCによれば、SpiegelやSolstice Media、Diarios Associadosを含め、ドイツやオーストラリア、ブラジルの出版関連企業がまず合意のサインを行った。

発表では、「私たちは世界のいつくかの国の出版関連企業からはじめ、今後、その数は増えることになる」と強調した。

このほか、グーグル社は、可能であれば、パブリッシャーのオーディエンスを増やすために、有料記事へのユーザーの無料アクセスにも支払いを検討する。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント