03:54 2020年10月23日
社会
短縮 URL
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (89)
117
でフォローする

米アニメ「ザ・シンプソンズ」制作は、白人俳優が今後、白人以外のキャラクターを演ずることはないという声明を発表した。情報サイトDeadlineが伝えている。

白人俳優マイク・ヘンリーさんが別のアニメ番組「ファミリー・ガイ」で黒人キャラクターを降りたことから、今回の判断にいたったという。

マイク・ヘンリーさんはツイッターで「私にとって20年にわたりファミリー・ガイのクリーブランド役を務めたことは光栄だった。この役が好きだが、役者は各自の人種の役を演じるべきである。この役を降りる」と綴った。

米国の反人種差別運動は映画産業にも影響

黒人男性ジョージ・フロイドさん死亡事件をきっかけに大きくなった人種差別および警察の暴力に抗議する運動は、テレビや映画業界にも影響を与えている。動画配信サービス「HBO Max」は「風と共に去りぬ」の配信再開にあたり、歴史的背景を説明する動画2本を添付した。

他にも複数のオンラインシネマにおいて、いわゆる「ブラックフェイス」と呼ばれる白人が黒人メイクを施す手法が用いられている場合、人気シリーズが配信停止となった。

関連ニュース

トピック
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (89)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント