18:22 2020年10月23日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

広告企業「We Are Social」と「Hootsuite」が提供する最新レポートによれば、ソーシャルネットワークの利用者数が2020年7月時点で38億人となった。この結果、ユーザー数は地球の全人口の半分を上回った。

調査によれば、2019年からインターネットの積極的な利用者は9%以上増加した。

もっとも人気が高いプラットフォームはフェイスブックで、1ヶ月24億人が利用している。次に人気なのはユーチューブで月に20億人、第3位はワッツアップの16億人となった。増加がもっとも大きかったのはインスタグラムで、はじめてユーザー数が10億人を超えた。

また、研究者らによれば、ユーザーらはインターネットを1日平均6時間43分利用しており、これは昨年比で3分短くなっている。利用者の多くは男性で、55%を占めた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント