17:15 2020年09月29日
社会
短縮 URL
0 31
でフォローする

全ロシア世論調査センターが発表した調査の結果によると、職場で嫌がらせを受けた経験があると答えたロシア人はわずか9%で、12%が失礼な発言をされたり、失礼な冗談を言われたことがあると回答した。

性的行為と引き換えに労働条件を変更するという約束または脅迫を受けたことがあるかという質問には、回答者の大多数(94%)がないと答え、2%がその様な状況に1~2回陥ったことがあると答えた。上司から性的関係を要求されたが拒否したと答えた回答者は5%だった。

また世論調査では、回答者の10人に1人が職場で体をじろじろ見られていることに気づいたことがあると答えた。職場で性生活について質問やコメントをされたことがあるかという問いには12%があると回答、82%がないと答えた。

またロシア人の97%が職場でレイプされたことはないと答え、残りの3%は回答しなかった。

職場における嫌がらせの責任については、ロシア人の59%が嫌がらせをした本人が責任を負うべきだとの考えを示し、23%が会社またはその経営陣が責任を負うべきだと答え、4%は嫌がらせの対象に責任があると回答した。

世論調査は電話で実施され、18歳以上のロシア人1600人が参加した。

7月末、シンガポールで女性上司のスカートの中を数十回盗撮した男(20)の裁判が始まった

関連ニュース

ハーヴェイ・ワインスタイン の被害者らに和解金1900万ドル

タグ
調査
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント