17:59 2020年09月29日
社会
短縮 URL
ベラルーシでの抗議デモ (46)
0 53
でフォローする

テスラ社とスペースX社の創業者であるイーロン・マスク氏がベラルーシでの抗議に関するツイッターユーザーの発表に反応し、彼にどんな援助が可能か問いかけた。コメンテーターらが主に求めているのは、同国でのインターネット機能の問題を背景に、マスク氏の企業のインターネット衛星「Starlink」を利用することについてだ。

ネットユーザーの1人は、ベラルーシでの抗議と残忍な抑圧に関する情報を、メッセージ「みなさんに語る」として拡散した。彼はその中で米国の企業家イーロン・マスク氏とビル・ゲイツ氏のアカウントを強調した。メッセージでは、「意見のある者は、それぞれ今声を上げよう」と述べている。

​マスク氏はこれに応じ、「このことを聞いて残念に思う。私たちにどんな援助ができるのだろうか」とコメントした。

マスク氏のメッセージに対する回答では、ベラルーシでの抗議に注目すること、同国での安定したインターネット機能の確保のため衛星「Starlink」を利用すること、また、財政支援の提供が要請された。

ベラルーシでの抗議

ベラルーシ大統領選は8月9日に実施された。ベラルーシ中央選挙管理委員会の最新集計結果によると、現職のアレクサンドル・ルカシェンコ氏が80.08パーセントの得票率で圧勝し、6期目となる再選を確実にした。

民主派として支持を集めていたスベトラーナ・チハノフスカヤ氏は10.09パーセントの得票率にとどまった。野党連合本部は選挙結果を承認していない。

チハノフスカヤ氏は、得票率は70から80パーセントに達していると主張し、ベラルーシ中央選挙管理委員会を提訴した。

関連ニュース

トピック
ベラルーシでの抗議デモ (46)
タグ
ベラルーシ, イーロン・マスク, 抗議
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント