17:05 2020年10月01日
社会
短縮 URL
0 13
でフォローする

南米ではチリが5Gの技術を真っ先に導入し、「スマートタウン」のデザインに向けたインフラ整備を進める。チリのセバスティアン・ピニェラ大統領が17日に行った演説の中で明らかにした。

ピニェラ大統領は演説を行い、チリが南米で初めて5Gの技術を導入することを明らかにした。ピニェラ大統領の演説はツイッターで中継された。

ピニェラ大統領によれば、5G規格に必要な通信基地はすでに設置されたという。通信基地はすべての通信事業者に開かれている。

5Gの技術は交通管理や治安維持、市民向けのサービス、医療、学術研究に利用されるという。チリは5Gの技術を通して「スマートタウン」の構築を目指している。

関連ニュース

タグ
インターネット, チリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント