13:03 2020年09月20日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

2年前に紛失したレゴ(LEGO)ブロックのパーツが、子どもの鼻の中から出てきた。ガーディアン紙が報じた。

ニュージーランドのダニーデンに住むサミル・アンワール君(7)は2年前の2018年、レゴの小さなパーツを鼻の中に入れてしまった。心配した親がサミル君をセラピストに連れて行ったが、レゴは見つからなかった

サミル君は一切痛がらず、体調も悪くならなかったため、家族はすぐに忘れてしまった。

だが昨夜、サミル君がパウンドケーキの匂いを嗅ごうとしたとき、鼻に痛みを感じた。母親はケーキのかけらが鼻の中に入ったのかもしれないと思い、鼻をかませた。すると、息子の鼻の中からケーキのかけらではなく、レゴのパーツが出てきた。それはレゴキャラクターの手だった。

今もレゴが大好きなサミル君は、この「発見」に大喜びしたという。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント