07:28 2020年10月24日
社会
短縮 URL
ベイルートの大爆発  (21)
0 02
でフォローする

レバノンのベイルート港の領域には未だに爆発物が残っており、これを市外へと運び出す運搬要請が税関へ提出された。ベイルート港湾局バサム・ケイシー局長が3日の記者会見で明らかにした。レバノンのオンラインニュースポータル「エルナシュラ」が報じた。

ベイルート港湾局局長はさらに、週明け9月7日には未だに身元不明の爆発物の所有者を相手取り、訴状を提出する構えであることを明らかにしている。爆発物は未だに所有者が不明のまま、港の領域に残されている。


​4日、ベイルートの港で大規模な爆発が発生し、その際に生じた爆風が街を襲った。最新情報によると、150人以上が死亡した。爆発の影響からたくさんの建物が壊れ、窓ガラスが割れる事態となった。爆発原因についてはまだ公式な発表はない。5日には国内で哀悼の意が表されることとなった。

関連ニュース

トピック
ベイルートの大爆発  (21)
タグ
事故, レバノン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント