20:40 2020年10月20日
社会
短縮 URL
0 16
でフォローする

ビートルズのジョン・レノンさんを殺害したマーク・チャップマン服役囚はレノンさんの妻のオノ・ヨーコさんの前で自分の行為の理由を説明し、謝罪した。スカイ・ニュースのポータルが報じた。チャップマンは11度目の仮釈放を申請し、却下されている。

チャップマンはオノ・ヨーコさんの前で自分の行為が「卑劣」であったこと、殺害は自分の名誉のためだけであり、許しを得ることはできないと語っていた。

「彼はイコンでした。私が彼を殺害したのは、彼がとても、とても、とても有名だったからで、これが唯一の理由です。私はとても、とても、とても名誉が欲しかった。エゴイストでした。」

チャップマンは死刑に処せられて当然だと語っている。

1980年12月、チャップマンは録音を終えて、オノさんとスタジオから出てきたレノンさんに向かって4発の銃弾を発射した。チャップマンは犯行後、現場から逃走しようとはしなかった。警察が犯行現場に駆け付けると、チャップマンはジェローム・サリンジャー著の『ライ麦畑でつかまえて』に読みふけっていた。

関連ニュース

タグ
音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント