14:29 2020年10月30日
社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

米国の歌手マライア・キャリーは、米国のテレビ司会者オプラ・ウィンフリーのインタビューで、12歳のときに売春斡旋者に売られそうになったと語った。

マライアは「私が12歳のとき、姉が私にバリウムを飲ませ、コカインを勧め、Ⅲ度のやけどを負わせ、私を売春斡旋者に売ろうとしました」と当時を思い出した

マライアは、姉アリソンと兄モーガンとの関係は常に緊迫していたとし、「私たちはお互いのことをよく知りさえしません。私たちは一緒に大きくなったわけではありません。彼らには自分の生活があり、私が生まれたとき彼らはすでに堕落した人間でした」と語った。

8月、姉のアリソン・キャリーは、母親を幼少期の性的虐待で訴えた。アリソンは、10歳のときに母親から悪魔崇拝儀式に強制的に参加させられ、見知らぬ人との性行為を強要されたと語った。


関連ニュース

タグ
セレブ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント