12:54 2020年10月20日
社会
短縮 URL
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (40)
0 12
でフォローする

世界で初めてHIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染から完治したティモシー・レイ・ブラウンさんが、末期がんであることがわかった。ブラウンさんは過去に白血病の治療で骨髄移植を受け、それがHIVの完治につながった。しかし12年後に白血病が再発した。

「ベルリンの患者」として知られる米国人のティモシー・レイ・ブラウンさんは、2007年に白血病を治療するために骨髄移植を受け、白血病とHIVを克服した。これは、骨髄ドナーがHIVに対する稀な自然耐性を持っていたことに起因する。

それ以来、ブラウンさんにHIVの兆候は一切みられなかったが、2019年に白血病が再発、全身に広がった。現在ブラウンさんはカリフォルニアのホスピスに入っているという。

なお、ロンドン在住のアダム・カスティージョさんもHIV感染から完治した。

また今年、66歳の米国人女性サンパウロ出身の36歳の男性もHIV感染から完治した可能性があると報じられた。

トピック
がん治療最先端 「21世紀のペスト」とどう戦うか (40)
タグ
ガン, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント