14:29 2020年10月30日
社会
短縮 URL
0 20
でフォローする

カザフスタンのアルマトイ市の病院で、男性の胃から長さ25センチの異形鉄筋が摘出された。男性によると、2年半前に拘置所に入っていたときに飲み込んだという。28日、スプートニク・カザフスタンが報じた。

スプートニク・カザフスタンによると、外科医のテミルハン・コジャフメトフ氏は「本日9月28日、患者は自らみぞおちの鋭い痛みを訴えて病院を訪れた。レントゲン診断の結果、患者の言うとおりであることが確認され、すぐに手術が行われた(中略)手術は成功し、患者は覚醒室に移された」と語った。

25センチの異形鉄筋

医師らによると、体内から異物を取り出すのは難しい手術ではないが、今回のケースの珍しい点は、金属が2年以上も胃の中に入っていたのに問題が起きなかったこと。金属は移動せず、胃壁は傷つかなかったという。

先に、ロシア人女性が誤ってフォークを飲み込み、医師らによって摘出されたと報じられた。

関連ニュース

タグ
カザフスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント