21:10 2020年10月20日
社会
短縮 URL
0 42
でフォローする

日本の金融グループ「みずほフィナンシャルグループ」は、希望する社員が週休3~4日で働ける制度を導入する計画。7日、ジャパンタイムズが報じた。

報道によると、社員が希望すれば週休を3~4日に増やすことができる。給与は、週休3日の場合は従来の80%、週休4日の場合は60%となる。

対象となるのは、グループのさまざまな会社の社員およそ4万5000人。労働組合との協議後、12月からの導入を目指しており、増えた休日を家族の介護や子育てなどの時間に充てることができるようにするという。

報道によると、これは新型コロナウイルスの感染拡大によって引き起こされた危険性に対応するための措置。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント