09:09 2020年10月25日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

米国でAppleを相手取った訴訟が提起された。Appleはスマートフォンゲーム市場を独占しているとして訴えられた。訴状は8日、米カリフォルニア州北部地区地方裁判所に提出された。

同じ考えを持つ人々を代表する原告の米国人は、AppleがそのゲームサービスAppleArcadeを通じてモバイルゲーム市場を独占していると主張している。ユーザーはAppleArcadeサービスを利用してモバイルゲームに有料サブスクリプションベースでアクセスできる。

原告は、Appleが不当に高い価格でサービスへのアクセスを提供していると主張しているほか、他社の同様のサービスを利用する可能性を顧客に与えず、顧客の選択肢を奪っているとしている。

また訴状では、Appleはゲーム制作者に対して彼らが開発したアプリをApple Arcadeで公開する場合にApple Arcadeでのみ利用可能とすることを要求しており、これもユーザーから多様性を奪っていると指摘されている。

通信社ブルームバーグによると、Appleは2019年にAppleArcadeを開始した後、さまざまな理由でそのアプリダウンロードサービスApp Store からAppleArcadeと類似した Google、Microsoft、Facebookなど他の企業のサービスを削除した。

関連ニュース

タグ
Apple
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント