23:31 2020年11月30日
社会
短縮 URL
0 30
でフォローする

オランダで、ストレスを和らげる新しいウェルネストレンドがあらわれた。これは、農場へ行き、牛をハグするというもの。オランダ全国で複数の農場がこのようなサービスを提供している。英BBCが報じた。

同サービスはオランダ語で「牛を抱きしめる」を意味する「koe knuffelen」と呼ばれている。

このようなふれあいの支持者たちは、牛の温かい体温や人間よりもゆったりした心拍数、その大きな体が安らぎや、ストレスを緩和する作用があるホルモン「オキシトシン」の生成を促進すると考えている。

農場では、訪問者と「ハグ」した後、牛は2〜3時間休憩するという。

なお、このようなサービスはオランダの農村で10年以上前に始まり、今では大きな広がりをみせている。現在このようなサービスはスイスや米国の農場などでも提供されている。

AppliedAnimal Behavior Science誌に掲載された2007年の研究によると、牛はマッサージすると横たわって深いリラックス状態を示すという。ABCテレビが伝えた。

ABCテレビによると、このような牛とのふれあいは、人間の神経系にプラスの効果をもたらす

関連ニュース

珍しい白色のウミガメの赤ちゃんが発見 米国

どうしてアリはこんなに力持ち? 日本人科学者らが解明

タグ
動物, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント