12:44 2020年11月24日
社会

大阪刑務所の受刑者、刑務所内のコロナ対策を求めて提訴

社会
短縮 URL
0 21
でフォローする

大阪刑務所に収監されている受刑者が、刑務所内の新型コロナウイルス感染防止対策が不十分だとして、対策を求めて提訴した。日本のマスコミが報じた。

報道によると、訴えを起こしたのは大阪刑務所の60代の男性受刑者

共同通信によると、男性受刑者は腎移植手術を受けており、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化する可能性が高い基礎疾患があるという。

大阪刑務所では刑務作業場や居室に消毒液が設置されておらず、作業場ではマスクを着用できるが、作業場と居室との移動時には認められておらず、作業場や食堂などでは受刑者同士のソーシャルディスタンスが確保されていないという。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント