13:25 2020年11月24日
社会
短縮 URL
0 25
でフォローする

スペースX社のイーロン・マスクCEOは、同氏が建設を計画する未来の火星コロニーに地球の法律を適用することを拒否。火星は自由であると同氏は主張した。デイリー・メール紙が報じた。

こうした声明が、スペースX社が所有するインターネット企業「Starlink」のユーザーサービスのソフトウェアリリースライフサイクルの条件の中で公表された。「既存の法律」の範囲では、企業は、地球と月の領域外で地球の法律を遵守することを予定しておらず、その代わりに自治原則は「善良な意思」にもとづき制定される。

サービス提供の適切な条件は、ツイッターのユーザーに公開された。それらは、マスク氏が衛星システムとその存続を地球に依存しない自治体を火星周辺に建設すると発表した1週間後に公開された。

マスク氏は先週、こうした火星への移住計画について火星協会の会合の際に明らかにした。同氏は、都市の建設は、マスク氏は決して起こらないことを望んでいるが、第3次世界大戦までに行う必要であり、大戦後にそうした機会が間違いなくあるのかは当てにならないと強調した。最終的にマスク氏は2050年までに100万人を火星に送る計画だ。

関連ニュース

タグ
火星, イーロン・マスク, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント