13:14 2020年11月24日
社会
短縮 URL
0 41
でフォローする

慈善団体RxArtと米ワシントンにある国立小児病院が協力し、病院内の部屋が日本人アーティスト・村上隆氏の作品で装飾された。

村上氏は、その有名な色鮮やかな「笑顔のお花」で病院内の部屋の壁とがん診断などで使用される大きな撮影装置、PET-CT(陽電子放射断層撮影装置)を覆った。

RxArtの設立者、ダイアナ・ブラウン氏は「断層撮影は、特に子供にとって怖い体験となる可能性がある。しかし今、この部屋は純粋な喜びを具象化するだろう」と語った。

​ブラウン氏は病院に入院した後、RxArtを設立した。同氏にとって入院は悲しく、不快な体験だった。そしてブラウン氏は、子どもたちの入院生活を芸術によってより楽しいものにしたいと考えた。RxArtは、病院の部屋などの装飾活動にアーティストを誘致することを専門としており、それは小児病院に限らない。

RxArtは2000年の設立以降、36軒のさまざまな病院で53件のプロジェクトを実施し、62人のアーティストが参加した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント