13:09 2020年11月24日
社会
短縮 URL
0 10
でフォローする

インドのアフメダバード市に住む小学2年生アルハム・タルサニアくん(6)は世界背最年少のプログラマーとしてギネスブックに登録された。アルハムくんは、マイクロソフトの「Python」のプログラミング言語を習得したとして認定証を取得した。エイジアン・ニュース・インターナショナルが報じた。

「お父さんがプログラミングを教えてくれた。僕は2歳からタブレットを使い始め、3歳でiOS と Windowsのタブレットをもらったんだけど、その後、お父さんが Pythonを使っているって知ったんだ。」アルハム君はこう語っている

アルハム君は見事に試験に合格し、マイクロソフトからPythonのプログラミング言語を習得したという認定証をもらって、ミニゲームの制作に取り組み始めた。ギネスブックはアルハム君と連絡をとり、どんな作業をしているのかを調べ、ギネスの認定証を送った。

アルハム君は、企業家になって、困っている人を助けたいと話している。

関連ニュース

タグ
インド, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント