14:16 2020年11月29日
社会
短縮 URL
0 112
でフォローする

ネットで『The North Face』のシューズを購入したサンクトペテルブルクの市民が、包みの中に中国の刑務所にいるウイグル人が助けを求めるメモを発見した。The North Face社はこのシューズが中国国内にあったことは1度もないとコメントした。ロシアのサイト「ブマーガ」が報じた。

サンクトペテルブルク在住のアルスラン・ギバドゥリンさんは、サイト「ブマーガ」にメモの画像を送った。この写真はその後ネットに投稿された。

​メモには、「助けてください。私は中国の刑務所にいます。どうか助けて。ウイグル人」と記されていた。

アルスランさんは、メモについてロシアのThe North Faceの公式インスタグラムに連絡した。その際同氏はメモを気にする必要はないとアドバイスされ、その後、自身のデータも消去された。

The North Face社は、シューズの製造で強制労働を利用したことはないと主張。さらに提供された写真のシューズは、同社によれば、中国にあったことは1度もないという。このシューズはベトナムで生産され、その後、同社のベルギー工場に送られた後にロシアの流通センターに届けられている。

以前、オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)の報告で、中国当局が数十の世界の有名メーカーの商品生産のため工場でウイグル人に強制労働を強いていると指摘がされた。

関連ニュース

タグ
ロシア, 中国, ファッション
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント