13:23 2020年11月24日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

パリのシャンゼリゼ通りでは22日夕方、クリスマス・イルミネーションの点灯式が執り行われた。アンヌ・イダルゴ市長がツイッターへの投稿で明らかにした。

クリスマスまでおよそ1か月に迫り、この時期恒例となるシャンゼリゼ通りのイルミネーションが始まった。パリ市のイダルゴ市長はツイッターに投稿し、喜びを語った。

用意が出来ました! シャンゼリゼ通りのクリスマス・イルミネーションが点灯! パリ市民の皆さん、世界で最も美しいストリートを今年はかつてないほど楽しみましょう。数千のライトが灯されました。

シャンゼリゼ通りの点灯式には有名歌手のルアンヌ・エメラさんも参加した。点灯式の参列者はいずれもマスクを着用しており、赤く染まった木々の美しさを満喫した。

イダルゴ市長は BFM Parisテレビの生中継に出演し、「心を暖める明かりが人々に届きますように」と語った。

​フランスでは新型コロナウイルスの感染の拡大を受けて10月30日から全国的な外出制限が始まった。欧州諸国では新型コロナウイルスの第2波が猛威を振るっている。これを受け、フランスのマクロン大統領は28日、全国的な外出制限を導入すると発表した。外出制限は少なくとも12月1日まで実施される。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント