12:56 2021年04月19日
社会
短縮 URL
0 14
でフォローする

サッカーの元アルゼンチン代表選手で監督のディエゴ・マラドーナ氏が死去した。60歳だった。クラリン紙が報じた。

11月2日、マラドーナ氏はラ・プラタ市内の病院に入院した。治療に当たった医師によれば、緊急入院ではなかったのでマラドーナ氏自身は健康診断を行い、その過程で硬膜下血腫が発見された。

翌日、マラドーナ氏は他の病院に搬送され、そこで手術が行われた。手術は成功したという。しかし、禁断症状が現れたため退院は見送られていた。同氏は12日に退院となった。

25日、マラドーナ氏は心肺が停止した

タグ
スポーツ, 死去
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント