03:03 2021年04月22日
社会
短縮 URL
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (122)
0 50
でフォローする

ペルダナ大学の専門家らがビタミンB2が不足すると何が危険かについて語った。スター紙が報じた。

ビタミンB2は抗酸化の特性を持ち、一連の発病を引き起こす細胞の劣化を緩和すると指摘される。

しかし、体内の高いビタミンレベルは逆に細胞や組織の劣化を引き起こし、腫瘍性疾患や心血管系の疾患、糖尿病アルツハイマー症のリスクを高めるおそれがある。

また、ビタミンB2不足は酸化ストレスの増加に関連し、それは貧血の原因となる造血システム機能の悪化を引き起こすおそれがある。さらにビタミンB2不足から消化器系の疾患が危惧され、代謝が妨げられる。

このほか専門家らは、身体への必要量でこの成分が不足すると、片頭痛や脱毛、白内障が発生すると強調する。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

トピック
幸せに長生きしてください 長寿に関するスプートニクの記事 (122)
タグ
健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント