15:27 2021年01月16日
社会
短縮 URL
0 11
でフォローする

民間宇宙企業「スペースX」の設立者であるイーロン・マスク氏は、有人火星面着陸を6年以内に実現すると述べた。

マスク氏は大手メディア企業「アクセル・シュプリンガー」から賞を受け、ドイツのベルリンで開かれた授賞式に出席した。

マスク氏はこの授賞式、火星の有人着陸について、6年後くらいに実現できるだろうとの自信を示した。授賞式の様子はインターネットで公表されている。

​マスク氏は、うまくいけば4年くらいで達成できる可能性もあると指摘した。マスク氏は、無人飛行と着陸を2年以内に計画していることも明らかにした。

関連ニュース

タグ
米国, イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント