07:48 2021年01月27日
社会
短縮 URL
0 80
でフォローする

全米労働関係委員会(National Labor Relations Board;NLRB)はアルファベット(Alphabet Inc.)傘下グーグルが、従業員の監視など労働法を違反したとして同社を告発した。

CNBCが伝えるところによると、グーグルは従業員に対して違法な監視を行っていたという。またグーグルは労働組合を結成しようとした従業員を違法に解雇したとして、NLRBは同社を告発した。

その他、グーグルは社内連絡ツールや電子メール、会議室を使用した従業員間の情報交換を阻害していたという。NLRBによると、グーグルでは集団行動を阻止するため、電子カレンダー上で100人以上が参加するミーティングの設定や10を超える会議室の利用が制限されているという。

当局はグーグルから返答を待っており、今後は行政法審判官による審理が2021年4月12日にサンフランシスコで行われる予定。


関連ニュース

Google インドネシア大手オンラインマーケット「トコペディア」へ大型投資

タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント