23:23 2021年05月09日
社会
短縮 URL
0 33
でフォローする

一定規模の投資を行うことを条件に、外国人に市民権を与えるプログラムを実施している国々があり、この制度は「黄金パスポート」という名前で知られている。この分野におけるコンサルティング企業「ベストシチズンシップ」は、投資によるベストシチズンシップ・ランキング2021年度版を発表した。そのベスト5に入ったのは、セントルシア、ドミニカ共和国、グレナダ、セントクリストファー・ネービス、バヌアツ。

ランキングには、上記の国々に続いてアンティグア・バーブーダ、ブルガリア、マルタ、トルコ、モンテネグロ、サモアがトップ10に入っている。

同社は、この制度にかかるコスト(例えば、ランキングトップのバヌアツの場合、追加の支払い金を除いた投資金額は30万ドル)、その国が実施するプログラムに対する人気、国債を購入できる可能性(これは、不動産を購入することなく市民権を獲得できる選択肢の1つとなっている)などを基準としてランキングを作成した。

さらに、治安、ビザ無し渡航が可能かどうか、国民の幸福度、申請にかかる時間、生活条件、その国の政治活動に参加できる権利、EU市民権取得の可能性、市民権取得者の家族に対する扱いなどもこのランキングのパラメーターとなっている。


11月、英「エコノミスト・グループ」の調査部門が、世界で最も物価が高い都市ランキングを発表した。それによると、第1位には香港、パリ、チューリッヒがランクインした。一方、大阪は5位に入った。

タグ
番付・ランキング, 観光, 旅行
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント