09:11 2021年01月28日
社会
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (91)
0 05
でフォローする

ブラジルの一部熱帯雨林では、吸収量を超える二酸化炭素の排出が始まっているという。研究結果をまとめた論文が学術誌「Science Advances」に掲載された。

研究者らは、1987年から2020年のブラジル南東の熱帯雨林32か所における二酸化炭素排出量と吸収量の変動を分析。二酸化炭素吸収量は年間2.6%縮小し、排出量は年間3.4%増えていることが分かった。

「二酸化炭素吸収量が最も減っているのは乾燥した高温地帯であり、それらは二酸化炭素吸収体から発生源へとすでに形を変えている」

論文によると、二酸化炭素排出量が吸収量を超えたのは2013年で、原因として森林伐採、降雨量の減少、高温干ばつ期が続いたことが挙げられている。

2019年、ブラジルでは大規模な森林火災が頻発。1年で熱帯雨林の650万ヘクタール以上が燃焼した。

関連ニュース

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (91)
タグ
環境, ブラジル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント