09:18 2021年01月28日
社会
短縮 URL
0 40
でフォローする

モスクワのソビャーニン市長は21日、来年2021年、「ミシュランのレストランガイド・モスクワ」が登場することを明らかにした。

ソビャーニン市長は自身のインスタグラムに「来年、モスクワはポストソ連後の領域では他に先駆けてミシュランの仲間入りをする」と喜びを表している。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Сергей Собянин (@mossobyanin)

ソビャーニン市長は、世界でも権威の高いミシュランのレストランガイドの星獲得という可能性は、コロナウイルスのパンデミックによって大打撃を受けたモスクワのレストラン業の発展をさらに促すことにつながると考えている。

ソビャーニン市長はまた、モスクワに入るための電子ビザの導入についても明らかにし、これにより外国人がモスクワに入る手続きを緩和できると期待を表している。

ミシュラン・ガイドは世界で最も有名なレストランの格付けとして確固とした地位を築いている。ガイドでは星の数によってレストランの質が表示されており、1つ星は「そのカテゴリーで特に美味しい料理」、2つ星は「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」、3つ星は「そのために旅行する価値がある卓越した料理」を示す。評価を下すために、ミシュラン専属の検査官らは身分を隠してレストランを回り、味を調べる。

関連記事

タグ
ロシア, モスクワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント