16:53 2021年01月18日
社会
短縮 URL
0 60
でフォローする

伊ボローニャ地方に住むフィオレンツォさん(94)はクリスマスの朝、警察に電話をかけ、一緒に時間を過ごして欲しいとお願いをした。伊最大の日刊紙「La Repubblica」が報じている。

フィオレンツォさんは「何も問題は起きていないが、クリスマスの乾杯をする相手がいない。もし空いている警官がいたら10分でいいので私のところに寄って欲しい。そうでないと私は全く孤独なので」と話した。

フィオレンツォさんのもとを2人の警官が訪ね、フィオレンツォさんはアネクドートを話し、3人でお祝いの盃を上げ、一緒に家族に電話をするなどした。

翌日、2人の警官は再びフィオレンツォさんを訪れ、記念にクリスマスの写真をプレゼントした。

老人は「感動した」という。

関連ニュース

タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント