08:49 2021年09月20日
社会
短縮 URL
0 02
でフォローする

韓国から帰国し隔離プログラムでタイの自己検疫用ホテルに滞在していた女性が自殺を図った。バンコック・ポスト紙が報じた。

報道によれば、韓国からバンコクに到着した女性(51)はASQシステム(選択的国家自己検疫)で指定されたホテルの1つを訪れた。彼女は同ホテルで検査を受け陰性だったが、しかし、2週間の自己検疫期間を過ごす必要があった。

数日後、ホテルの窓の下で彼女の死体が発見された。事件現場の捜索を行った警察官が彼女のメモを発見し、そこには多くのプライベートな問題について綴られていた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
自殺, 新型コロナウイルス, タイ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント