13:31 2021年03月05日
社会
短縮 URL
0 80
でフォローする

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の米国の宇宙飛行士らが、食料が底をついてしまったロシアの飛行士らと食べ物を分かち合った。補給宇宙船の打ち上げ延期からロシアの宇宙飛行士らの食料品が底をついてしまった。米航空宇宙局(NASA)の中継を引用しロシアメディアが報じた。

補給宇宙船「プログレスMS-16」の打ち上げが延期となったため、ロシアの宇宙飛行士らは食糧がない状態でISSでの滞在を続けている。当初2020年12月11日に予定されていたISSへの打ち上げは2021年2月15日に延期された。これによりロシアの宇宙飛行士セルゲイ・リジコフ氏とセルゲイ・クッド-スヴェルチコフ氏は家族からの新年のプレゼントも受け取ることができずにいる。しかし、彼ら2人は事前に準備を行い、ISSの外国の仲間を祝うための贈り物を用意していた。

打ち上げの延期から米国にISSへロシアの食料品の供給が依頼されたが、米国の宇宙飛行士らには大量の食料品のストックがあることからそれを分かち合うことが提案された。

ロシアの宇宙飛行士らは米国の仲間から無料で約13の食料コンテナを受け取った。

関連ニュース

タグ
米国, ロシア連邦宇宙局, 宇宙飛行士, ISS, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント