11:13 2021年02月28日
社会
短縮 URL
0 23
でフォローする

ストリーミングサービスのディズニープラスは、いくつかの子供向け作品を7歳以下の未就学児が視聴するのをブロックする。デイリー・メール紙が英国のプラットフォームのユーザーの情報を引用し報じた。

児童のアカウントでコンテンツがブロックされる原因は、子供向け映画にレイシズムの内容が含まれていることにある。そのことから、未就学児は、『ピーター・パン』や『おしゃれキャット』、『ダンボ』、『スイスファミリーロビンソン』の視聴から保護される

おそらく、『ピーター・パン』の規制は、作品で「赤い肌」と呼ばれる米国先住民が描かれていることに、『おしゃれキャット』ではアジア風の外見をしたシャムネコが登場、『ロビンソン・クルーソー』では黒人とアジア人の風貌をしたパイロットの存在が起因している。また、『ダンボ』は以前、農園で働くアフリカ系米国人の奴隷に対する嘲笑が批判を受けていた。

2020年10月にディズニープラスは、いくつかの子供向け作品に、「このプログラムは否定的な表現を含む、または、多文化の人たちを不適切に表現している」と注釈を入れた。この免責事項によって子どもをブロックした作品には成人用アカウントでアクセスすることとなった。

以前、米国のダンス界代表がバレエ作品『くるみ割り人形』でレイシズムと侮辱を指摘した。

また、この間、通信社「スプートニク」は、ディズニー社の大規模な人員を無給休暇としたことが報じている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント