14:44 2021年03月08日
社会
短縮 URL
0 01
でフォローする

ツイッターは広告への依存を減らすために、いくつかの有料機能の導入を検討している。8日、ブルームバーグが報じた。

ブルームバーグの情報によると、一度に複数のフィードを表示できるTweetdeckなどのサービスの使用料が検討されている。さらに「送信取り消し」などの機能を有料とし、同社の収益とする可能性もある。

また、広告の非表示や独占コンテンツ、動画の高画質ダウンロードに追加料金を導入する可能性についても議論されている。

ツイッターは長い間有料サービスの導入を検討しており、新型コロナウイルス感染拡大の影響を含め、こうしたアイデアが優先されている。

ツイッターは2020年6月、録音した音声ツイートの投稿サービスを開始した

関連ニュース

タグ
SNS, ツイッター
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント