18:18 2021年05月12日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ペルーのエリザベート・アステテ外相は14日に辞表を提出。同国内の新型コロナワクチン接種キャンペーンの開始に先駆けてワクチン接種を受けたことを理由としている。フランシスコ・サガスティ大統領は辞表を受理したことを自身のツイッターで明かした。

ANDINA 通信社によると、アステテ外相は「2020年12月、2021年1月に新型コロナ感染症(COVID-19)で陽性反応を示した政府高官と接触があった。臨床試験を行う大学カエタノ・エレディア大学から中国国有製薬大手・中国医薬集団(シノファーム)製ワクチンの接種1回目を受けるよう提案があり、2021年1月22日に申し出を受け入れた。試験の余剰分だと認識している」と説明している。

同外相によると、接種を受ける決め手となったのは、感染検査を数回受けていること、また68歳という年齢はリスクグループに入ることだという。

ペルーでは先週、ワクチン接種をめぐりマセッティ保健相が辞任したばかり。またピスカラ元大統領も在職中の昨年10月に接種を受けたことが明らかになった。

ペルーには2月初旬、中国シノファーム製コロナワクチンの第1回納入分が到着した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント