17:13 2021年06月21日
社会
短縮 URL
0 22
でフォローする

ある日本語のネイティブスピーカーが地震時の日本で撮影し、TikTokで公開したビデオが7500万回の視聴回数、600万個のライクをあつめた。映像からどうやらここ数日に起きた地震の際に撮影されたと思われるが、あまりの迫力に「クルーズ船」の中の映像だと勘違いした人が続出している。

2月14日にアップされたこの動画、どうやら部屋の方角からガラス越しにお湯を張ったバスタブを撮影したものと思われる。だが、お湯はひとりでに間欠泉のごとく跳ね上がり、床に流れ出す有様で、これだけお湯が跳ねるのだから、建物の揺れはさぞかしと恐ろしい想像を掻き立てる。そのバスタブの向こうには都会の摩天楼が一望できる。

 

​もちろんこの光景にユーザーたちはびっくり。ある英語のネイティブスピーカーが書いた「どこだろうと思われました? これはクルーズ客船で撮影されたものです」のコメントはほぼ9000のライクを集めた。

日本では東北を中心にここ数日、揺れが相次いでいる。2月13日、福島県を震源としたマグニチュード7.3の大型地震が発生。15日にもマグニチュード5.3の揺れが起きている。発表ではすでに100人を超す被害者が出ている模様。

タグ
地震, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント