03:00 2021年03月07日
社会
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (236)
0 04
でフォローする

東京五輪・パラリンピック組織委員会の新会長に就任した橋本聖子五輪相の閣僚辞任が承認され、後任に丸川珠代元五輪相が起用された。丸川氏は男女共同参画担当相も兼務する。日本の各メディアが報じた。

丸川氏は2016年8月から1年間、五輪相を務めており、再登板となる。18日夜に行われた会見では、「国の立場からしっかりとお支えしたい」と橋本氏へのサポートを約束した。また、東京都の小池百合子知事との連携も「非常に重要」と述べた。

​東京大会の開催について、丸川氏は「何よりも大切なのは感染症対策。万全でなければ、国民の皆さまの理解を得られない」と強調した。一方、観客数の上限については「感染状況や医療への負荷などがどう変化するかを踏まえつつ、国の基準に従う」とした。

また、森喜朗氏の女性蔑視発言については「残念ながら、日本の男女共同参画が道半ばになったということが明らかになったと思います。現状を打破し、変革を進めていくことが重要」と語った。

18日に開かれた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の理事会で、橋本聖子氏が全会一致で新会長に選ばれた

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (236)
タグ
日本, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント