02:16 2021年03月07日
社会
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

スペイン南部セビリアで、バーの改修中に珍しい歴史的発見があった。このバーの所有者は、新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)中に改装することを決めた。作業員が壁や天井から漆喰をはがすと、12世紀のトルコ風呂(ハンマーム)の痕跡が見つかった。

バーの所有者は直ちに改装を中断し、発見について考古学者らに報告した。学者たちは作業に取り掛かり、数カ月間をかけて古代の壁の汚れを少しずつ取り除いた。白い石灰の壁には幾何学模様が刻まれ、天井には八芒星の形をした穴があいているのが見つかった。

​専門家のアルバロ・ヒメネス氏によると、このトルコ風呂には、これまでにイベリア半島で見つかったすべてのトルコ風呂よりもたくさんの装飾的要素が残っていた。これはムワッヒド朝がイベリア半島南部を支配していた12世紀の建築の洗練された例だという。エル・パイス紙が報じた。

バーの所有者の1人、アントニオ・カストロさんは記者団に、この古代の建造物を保存する意向だと語った。カストロさんは、1923年にセビリアで開業したこのバーでトルコ風呂が見つかったことをとても誇らしく感じており、「かつてはかなり有名なバーだったが、これからは12世紀のトルコ風呂でもあるこのバーに人々が立ち寄り、ビールまたはグラスワインを飲めるようになる」と語った。

関連ニュース

タグ
スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント