02:10 2021年06月23日
社会
短縮 URL
0 40
でフォローする

Googleの元技術者アンソニー・レワンドウスキー氏は、自身で創作した人工知能による教会「Way of the Future」を閉鎖した。サイト「Axios」が報じた。

2020年末に教会「Way of the Future」は正式に閉鎖されたが、閉鎖の過程はすでに6月から始まっていた。

AI教会は2015年に開設され、教義の基本には技術信仰が定められた。レワンドウスキー氏は、AIが作り上げたものは「最終的に神となる」と語った。総額17万5172ドル(約1851万円)の教会の資産は全米黒人地位向上協会(NAACP)に寄付されたとサイト「TechCrunch」が報じた

サイト「Axios」によれば、教会の問題は閉鎖のかなり以前に生じていた。それらの問題は同氏によるGoogleの技術盗難に関するスキャンダルなどに関連している。レワンドウスキー氏は、退職を前にドローン技術に関するデータをコピーし、その後、Uberを買収したベンチャー企業Ottoを設立している。

タグ
人工知能
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント