07:12 2021年10月17日
社会
短縮 URL
0 12
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミックにより、ポルノサイトへのアクセス数が顕著に増加している。ドイツ誌「デア・シュピーゲル」が伝えている。ロックダウンの状況下でも、性的な動画を見ることで人々の交流が不足している部分を補うことができている。パンデミック中では他の性的満足感を見つけることができないためだ。

同誌が隔離期間中のポルノサイトの活動について調査したところによると、この間にポルノ動画の消費が大幅に増加し、ポルノサイトはパンデミックに関する問題から気をそらしたい顧客を引きつけるために新しいマーケティング戦略を使うことを身につけたことが明らかになった。

専門家らはポルノサイトへのユーザーの関心が高まっている理由について、パンデミック中に主に他の形態の性的な満足感を得ることが困難になっているという事実によるものだと説明している。パンデミック中にバーやクラブは閉鎖され、売春は事実上禁止されてしまっている。そのような状況では、ポルノ動画を見ることは簡単でいつでも利用可能な代替手段となっている。

もう一つの要因は退屈だという。人々は突然もたらされた長い自由時間をどう過ごしたらいいのか分からない。さらに、ウイルスの突然変異種、ロックダウンの延長、破産の波が差し迫っているといったニュースが流れる中で、ポルノ動画はちょっとした気晴らしとなっている。

同誌は、ポルノサイトが展開する新たなマーケティング戦略がパンデミックの間にこれらのサイトへの訪問数が増加したという重要な要因によるものとみている。ポルノサイトは新型コロナウイルスの感染拡大の中で、お買い得商品を出したり割引を増やすことで新規ユーザーをおびき寄せる方法を習得した。また、注文に応じたポルノ動画の制作も拡大させている。この制作は、お金を支払ったクライアントの希望に沿ったものになるという。

デア・シュピーゲルは、全ての検疫措置が撤廃され、通常の社会的な交流が始まるまでは、ポルノサイトへのアクセス数は増えるばかりだと結論づけている。

しかし、「アダルト動画」は必ずしも無害な存在ではない。スプートニクは以前、こういった動画がロシアのモスクワ在住の夫婦に大騒ぎをもたらすことになったと報じている。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント